no-image

男性から彼氏の有無を聞かれたら

男性から彼氏持ちかどうか、聞かれたことがある女性は多数いると思います。

男性がこの質問を女性に聞く際には、実はかなり勇気を振り絞っている場合もあるのです。

シャイな男性ならメールや電話を使って聞いてくることもありますし、 社会人になると上司やお客さんから冗談ぽく聞かれることもあるでしょう。

男性の内心が本気であろうと、ただの世間話であろうと、彼氏持ちかの答え方次第では、その後の男性との関係が変わってしまうこともあります。

男性が真剣な気持ちから聞いている場合、それを逃がしてしまう結果にもなりかねません。

彼氏持ちかどうかを聞かれた際の振る舞いや返答は、実は男性とのその後の関係を決める、大切な儀式とも言えるのです。

軽い世間話の一環で冗談ぽく聞かれた場合はあまり影響はありませんが、場合によっては彼氏持ちがどうかで、急に態度が変わってしまう男性もいますので、チャンスを逃したり、関係を悪化させないように、上手く対処しましょう。

彼氏の有無に関する質問の対処法

きっぱりと事実を伝える

彼氏いる、いないに関わらず、事実をきっぱり伝えることは素直ですし良いことでしょう。

しかし、もしその男性が恋愛感情を持っていた場合、 彼氏がいると知れたら、そこで一人の男性と関係が発展する可能性がなくなってしまうことになります。

逆に彼氏いませんと伝えておけば、 デートのお誘いを受けられるかもしれませんし、誰か素敵な人を紹介してもらえるチャンスがあるかもしれません。

男性は、その女性と親密な関係にはなれないと分かると、とたんに関係が冷めがちです。

恋人の存在を伝えると、男性にはそれがマイナスに作用してしまうのです。

そのため、合コンや飲み会、パーティなどの場でも、あまり彼氏の存在を知らせないほうが良いでしょう。
場を盛り下げてしまうことになりますし、好意を寄せてくれた人とドキドキするようないい経験も出来なくなってしまいます。

ただ、もし結婚を前提としている彼氏がいて、他の男性との関係は望まないのであれば、ハッキリと彼氏のことを話してしまってもいいでしょう。

真実を伝えることは、場合によりメリットにもデメリットにもなり得るのです。

プライバシーはあえて話さない

彼氏持ちかはプライベートなことなので、ノーコメントで通すのも一つの手です。
奥手な男性には、これはノーと同じ意味を伝えることにもなります。

このように自分のことは話さないと決めておけば、 会社の上司や同僚などに突っ込んだ質問をされることもなく、とても楽です。

これは、心理的に壁を作っている状態ですので、あまり親密な付き合いをしたくない人に対しては、とても有効な手です。

お仕事で受付や店員などをしている方は、毎日のように恋人の有無を聞かれるでしょう。

その場合はあらかじめ答え方のマニュアルを用意しておけば、上手に受け答えが出来ます。